国内線は安心できる日本航空JALを利用しました

空の旅を贅沢に過ごすのなら日本航空

パイロットの技術の高い日本航空を利用 | キャビンアテンダントのサービスの質が違う | 空の旅を贅沢に過ごすのなら日本航空

立ちっぱなしの仕事なので足が疲れることが多いでしょうが、プロとして気を抜いていないのでしょう。
JALでは座席にオーディオ機器が備え付けられているのも昔から飛行機を利用している私としては安心感があります。
今は、スマホなどをはじめとする音楽を聴くものを持ち込むことが可能なので不要だと思う人もいるかもしれません。
ですが、飛行機の旅ならではのこの行為が好きなのです。
特に、いつも何かを聞いて過ごすということがないのですが、チャンネルを回しながらイヤホンをつけていると「空の旅をしているな」と実感できるのです。
特に何かを買うわけでもないのに機内ショッピングできる商品を見ながら「これはいいかもしれない」「限定グッズなら購入しようかな」と考えるのも好きです。
座席に関しても格安航空に比べるとクッション性があり快適に過ごすことができました。
布製の清潔感があふれるシートがベストです。
機内全体に言えることではありますが、隅々までしっかりと清掃されている気がします。
格安航空の中には「革製の座席」を使用しているところもあるのですが、私としては夏は汗ばむし、冬は冷たく感じまるのであまり好きではありません。
リラックスするために座席を倒しても、格安航空のように後ろの人に迷惑をかける感じがありません。
後に倒しても程よい距離が保たれているのです。
空の旅を贅沢に過ごすのなら日本航空の利用が良いでしょう。